かとせんの「最近、乗ってる?」

Ride it possible
20代半ば男の自転車なんでもやるフレンズ
関係ないことも書くよ。
じれんしゃらぃしゅき٩( ᐛ )و

富~富士ヒルライム試走と攻略法的な何か~

ヒルクライムとは、いわゆる峠道をのぼることである。


始めたころは「峠って自転車でのぼれるんだ」とか思いました。


だって普通車で行くところで、坂なんかのぼれっこないでしょ?


そう思っていた時期が私にもありました。
〇〇峠と名の付くところで舗装路であればロードバイクで気軽に(?)坂道を走ることになります。
もちろん道中は上り道ですので、どっしりと踏み込む力はかかってきます。




つまり、しんどいです!!




でもそのとりこになってしまう人も一定数いまして、景色が良かったり、頑張る自分が良かったり、タイムを競ったり、色々な魅力があります。


個人的には辛いところを颯爽と駆けていく自転車がいたらかっこよくないですか?
単純に強くて憧れちゃいます。


そんなヒルクライムですが、今挙げたように麓から頂上までの区間のタイムを競うレースも多々ございます。
今回はその中でも有数の大規模な大会である、富士ヒルクライムの試走いってきました。




富士ヒルクライムは、スバルラインという富士山五合目まで上る有料道路がコースとなっています。
普段も200円払えば自転車も通行可能です。
最大の特徴は24kmで1255m upする標高と距離が類を見ないほど長いコースとなっています。



今回の試走はショップの皆様と20人ほどで、5/14(日)9:30ごろ富士北麓公園の駐車場をスタートして、料金所のゲートを10時にスタートしてここから計測を開始しました。


コツを交えながら実況します。


(1)序盤
料金所からは斜度が7~8%なので平均からすると少し高い斜度なので、あまり踏み込みすぎないようにした。
途中でところどころ斜度が緩くなるポイントがあるので、そこはしっかりとギアを重くして踏んだ。
足を残すことを考えてペダルを負荷をかけすぎずに回すことに意識を持つとよい。
斜度が上がったらギアを軽くしてのらりくらりやり過ごす。


(2)中盤
ここから斜度が5~6%に落ち着き、イーブンペースで走るヒルクライムらしいシーンになる。
おなじ景色が続くので頂上や先を見ずに、自分のペース、ギア、ケイデンスに注意した。
給水や攣り具合も確認しましょう。
また、積極的にダンシングをすることで、体の疲れを分散し刺激を加えることで意識を集中させます。


(3)終盤
7km手前の駐車場の斜度が緩くなるのでここからが勝負です。
この先は5%以下になることが多くなり、一見すると平坦に見えることが多くなるので意識してスピードを上げましょう。
アウターに入れて25~30km/hで走り、きついところではインナーに落としてやり過ごす。
その繰り返し。
最後はトンネルを過ぎ、左手にバス駐車場が見えたら最後の上りなので、ここで燃え尽きましょう。
そうするだけで10秒は違うはずです。



自分は1h17minでave.18km/h 86rpmでした。惜しくもシルバーならず・・・。


ぶっ倒れるほどじゃなかったので、もう少しペースアップしてもよかったかなと。そうすると15分切れそうな気がしてきた。
18km/hを切らないようににするといけそうなきがするだけ。



下山の時は寒すぎて、アウタートップ自家発電していた(笑)
60km/hで下った自分乙。

巷ではシャア専用ロードバイクが発売されて盛り上がってますね。


シャアも好きですが、あの赤い機体はそそられますね。


気付いている人もいるかもしれないですが、無類の赤好きです。



持ってる自転車に全部赤が入っているのは、そういう事。




んで、今回はエイズチャリティ版iPhone7をシャア専用にしましたよという話です。


これを









こうじゃ



サザビーの水転写デカールを使い、カスタムを施してクリアカバーで保護してます。



カメラの部分がファンネルになっていたり、下にはシャア・アズナブルと書いていたり。



ロードバイクのペイントもこういうコンセプトデザインを専門にするとこがあってもいいなぁ。

洗〜洗車と注油〜

ランの後には自転車のメンテナンスをしようという話。


汚れがなく、チェーンやメカはスムーズに動き、異音は全せずにピカピカに整っている。
この状態が自転車がパフォーマンスを最高に発揮できる。
そして早い人は必ず自転車がピカピカにきれいだ。


さて、整備は大きく分けて二つ。
①日常点検(シフト、チェーン、タイヤ、フレーム)
②オーバーホール


①はランの終了後に必ず行うこと。
シフトのチェックで異音がしないか、チェーンの汚れや油の具合、タイヤに異物は刺さってないか、再度カットや破裂の予兆はないか、フレームに傷やヒビはないかを確認する。


②は半年や一年に一回行う。
基本的に
一度すべてをばらばらにしてワイヤーやブレーキシューの交換やベアリングの洗浄とグリスアップなど総点検する。


今回は特に①の洗浄について述べる。


①で用意するもの
・耐油手袋(テムレス)
・チェーンキーパー
・自転車スタンド(なんでもよい)
・チェーンクリーナーとパーツディグリーザーとマルチフォーミングクリーナー
・ウエス
・ラスぺネとチェーンルブ(WAKO'S)


【大まかな流れ】
チェーン→ホイール→フレーム→組み付けとなじませ→バリアスコート


今回は干からびラン後の車体





汚い


小物でチェーンキーパーがあるとフレームにチェーンがつかず、作業性が非常に高いです。



それでは始めます。
(1) チェーンとクランクとメカはチェーンクリーナーをぶっかける。


(2)ハケでディグリーザーをチェーンに塗ったくる。


チェーンを一ラインごとブラシでゴシゴシ磨く。握ったりよったりしてとにかくリンク内部に染み込ませたり回して汚れを取る。




ひたすらブラシで落とす。ウエスで抑えながら。
メカもウエスでふく。




(3) マルチフォーミングクリーナーをぶっかける
チェーンは近距離、メカは一度チェーンクリーナを拭いてゴシゴシ。
クランク周りもこのタイミングで綺麗にする。


チェーンゴシゴシしてやると指で触っても大丈夫!


(4)ラスペネを注す



ピカピカピカリン!じゃんけんぽん!!



(5) ホイールスプロケの洗浄




チェーンクリーナーかけてこする(場合によってはハケ塗り)


ブラシで擦る→拭いて
マルチフォーミング→溝をこする。


全体を薄くマルチフォーミングしてふく。


フレーム 全体をマルチフォーミング薄くてよく、補給の食べカスの部分だけ少し濃くして擦ると落ちる。

バーテープは握りこみながらやると汚れが取れやすい。
バリアスコート(ワックスコーティング)は各パイプにシューっとしてから塗りつけて、のばす。
ブレーキアーチの裏もやるといい。


(6) チェーンへの注油


私が愛用しているのはチェーンルブ(WAKO'S)


実は先端が折ってあるので、チェーンのコマに無駄なく吹きかけることが出来る。
ラジオペンチでちょいと曲げてください。


チェーンルブはふき取る時間により、オイルの載せ具合を変えられる。

塗布後すぐにふき取ると残存する油分が少なく少し乾いたするするとしたフィーリングとなる。
逆に残しておくと油がたっぷり残っているので、少しもたつく印象。


ちなみにウエスは強アルカリ洗剤を入れた50℃のお湯で20分ほどつけ置きしてから、洗うと見事に綺麗になるらしい。



これは普段お世話になっている自転車屋さんで開催された、WAKO'Sの洗車講習会の方法をほとんど取り入れてます。
みなさんも一度是非体験してみてください。