かとせんの「最近、乗ってる?」

どうも、かとせんです。
山に目覚めた普通の赤い人。
がとーに次ぐがとーのレッド。

2017年のまとめ

こんにちは、こんばんは。
かとせんです。


2017年の自転車活動を振り返りたいと思います。


2017年に参加したイベントとラン

【1月】
ママチャリGP@富士スピードウェイ 10位


【2月】
シクロクロス東京
マウンテンバイク越生や飯能


【3月】
ハワイツーリング


【4月】
お花見ツーリング@ヤビツ鎌倉
白石練習
レーゼロを購入


【5月】
3, 4日 干からびラン 完走
27, 28日 若狭路センチュリーライド(80km)


【6月】
11日 富士ヒル 74min 50sec シルバー獲得
25日 川崎マリンエンデューロチーム3時間


【7月】
2日 箱根~双龍
9日 宮ケ瀬練習
17日 CSC耐久レース チーム5時間 3位入賞「がとーに次ぐがとー」
29日 レイクウッド周回


【8月】
5日 つくば9耐久ロード部門6位、総合8位入賞「がとーに次ぐがとー」
20日 北海道そらちグルメフォンド 80km完走


【9月】
2日 理科大サイクリング同好会50周年記念会
3日 The peaks 4thステージ奥多摩 完走
9日 富士チャレ 9位
24日 十三峠TT


【10月】
7~8日 長野合宿
DURA-ACE購入
18日 浄土平
24日 篠さん@美ヶ原
27日 篠さん@王滝村


【11月】
3日 ゆうさんと宮ケ瀬練習
11, 12日 ツールドおきなわ 140km
19日 奥多摩林道ツーリング
25, 26日 野辺山シクロクロス シングルスピード25位


【12月】
2, 3日 秋ヶ瀬バイクロア オウルクラス5位
25日 大洗断念
28日 篠さんゆうさん@西伊豆



とまぁほぼ毎週のようにはしってイベント参加してますねw
2017年はイベント参加と自分のレベルアップに努めてました。

ターニングポイントになる思い出とともにいろんな思いを綴ります。

長文なのでご注意ください。


ターニングポイント① 2016年ツールド沖縄

2016年11月のツールド沖縄は非常に意気込んでいた。
全力で走る感覚が実に心地く、力尽きる感じが好きだった。
しかし、結局じぶんの走りを活かせるとかもっと良くなるイメージ、直感があった。
それは練習してちゃんと取り組んだら結果が出たので、今年は一年かけてレベルアップに努めたらどうなるか?試したくなったのだ。


1月と2月はシクロクロス東京のC3相手に真ん中下で走れたこと、ママチャリGPは最終周回も一秒差で間に合ったことなど自分の走力が如実に上がった実感があった。

2月は寒いのでトレーニングではなく、マウンテンバイクに乗り短時間高強度、ライディングスキルの向上に努めた。


3月のたかみーとの練習会でぶっ殺され、とてもじゃないがかなわず走力不足を痛感した。


それからは山に行くたびに全力で上ることを意識した。つまり追い込み。
自分の得意な部分を伸ばす。楽が出来るのぼりを続けるのではなく、早く駆け上がることにシフトした。
獲得標高稼ぎにならなかったのは、きっと自分は早く上ることに重きを置いたからである。
一分一秒でも早く上ることで、強くなりたい。


ターニングポイント② 干からびラン

5月は企画側として参加させてもらい走る責任や楽しみが蓄積していき、何としてでも完走したいと思った。
週末のランの内容が激しくなり、補給やロングライドの知識を学んでいった気がする。
初日の兵越峠で死亡から復活し、またイーブンペースで走ることや自分ののぼりかたなどわかってきたことが大きくとても大きな収穫がああった。
特に、最後の渋峠TTや峠のアタック合戦で刺したことなど、自分の走りが出来てきているぞと自信につながった。


その勢いのまま、富士ヒルの試走でシルバーに届きそうなことがわかり、そこでちゃんと走り方を覚えてから挑んだ本番では、見事にシルバーが獲得できた。
これが上半期では一番うれしかったことだ。



ターニングポイント③ チーム「がとーに次ぐがとー」を結成

ゆうさんとたかみーと自分の三人であり、脚質や体重もことごとく違うが早く走りたい情熱の溢れるチーム。


7月の最初に宮ケ瀬湖の練習を三人でした時が初の顔合わせだったが、楽しく?辛いけどとても競い甲斐のあるメンバーでありすぐに打ち解けることが出来たのがとても良かった。


最初のレースは伊豆サイクルスポーツセンター5時間耐久でスターターを務めた。
正直ついていけなくてここでも実力差。。。というか今なら言える、パワー差であったが、目標タイムを定めそれを守る走りに徹し、三人で頑張り続けたことで総合3位に入賞することが出来た。
表彰台に乗ることが5年くらいなく、最高の瞬間だった。
自分の走りというより、チームメイトに支えられたことでつかみ取ることが出来たのが嬉しかった。
チーム感があるのが久しぶりだった。
どこに行くも自分ひとりのことが多かったので、久しぶりのチームで入賞ししかも気の合う仲間でいい刺激をしあえるなんてとても恵まれていると思う。
次のつくば9耐で入賞、富士チャレも乙ったが9位と一桁獲得で、好成績を残せるようになった。


この時点で自分が走る理由というのが、単純な自己強化だけではなく、チームの成績控除いや、チームメイトと一緒に走るために強くなっていきたいと目的が変わっていった。
なので、車の運転や備品調達などは特に苦も無くチームのためにできることが何か自分なりに常にしてきた。
その分、色んな話や道具を使わせてもらったりしたのでトレードオフみたいなもんですかね。


サーキットレースを連戦し、上りのフィールドに行くことが少なくなり、ストレスがたまったので、山の神・篠さんと走ることで人権が回復した。


ターニングポイント③ THE・PEAKS 4thstage 奥多摩 

9月末に200km 6000mupする山岳イベントで、これほど一日で上るイベントは他にない。
これを知ったのが篠さんのツイッターで知り、これに出てみたいと思ったのだが、なにせ干からびランを凝縮した内容なので、正直完走できるか超不安だった。
でも、篠さんが出ているのでもしかしたら会えるかもと思い、突撃したところビンゴ!
そして、この時に一緒に走ったチーム貧脚組の方々と足が合い、上り続けることが出来たのが非常にうれしくて、自分は本当に走れるようになったんだなと実感できた。
(あ、富士山ライド絶対行きます)


10月は篠さんと100km2500mupはするランをするようになり、自分でも獲得標高を高めたり、何度ものぼりを繰り返すようにすることで、沖縄に向けて仕上げていった。
山をそれまでは追い込んで走ることや何W出ているとかそんな話がおおかったが、篠さんとのライドを通じて楽しく山を登り、景色を楽しむ、クソ坂もあるけど頑張るなど純粋に楽しむ気持ちを取り戻せたのは今年一番の収穫だった。
そうなると今度はじぶんで色々走りたくなってくるところまで来たので、モチベーション高く維持できている。


その思いが次の目標立てにつながった。やはり、山を早く走るというのが自分の性分。
単純でかっこいいと思うのも追及しているだけ。
憧れる具体的なイメージがあるといいのかな。
森本選手やチームSonicの渡辺さんやストラバのKOMの人たちなど。
タイムや時間に置くいいのかもしれない。
一年で失敗したことは目標が抽象的だったと考えている。
単純にやるだけとかに落とし込むといいかも。機材をうまく使いたいとか、早く走りたいとかじゃあどうやってそれを達成できたと定義できるのか。
それは数字であることの方が明確で、単純だ。
テクニカルやセンシティブなことは状態を定義することが必要だ。
ダンシングうまくなるってなに?
何が出来てなくて、どうなったら完成なのか?それはフォームや心拍なのか、本番の疲れ具合なのかスピードなのか、定義してトライしてみる。失敗ってないんじゃないかと思います。うまくいかないことがわかったにとどめておく。のはいかがでしょう。できるようになることを目指そう。
だからこそ自分の今年の目標は乗鞍優勝にターゲットを置きました。強くなるために。


ターニングポイント④ 2017ツールド沖縄

タイムは25分以上縮まったが第一集団についていけないほどだった。選手層が厚くなったのもあるが今のままでは通用しないことがわかり確かな手ごたえと満たされない欲望が自分の中に残った。


そこで覚悟が決まった。



マイホーム 東京理科大サイクリング同好会OB

さらに11月末からシクロクロスのシーズンインでZELKOVA(ゼルコバ)で走れたこともとてもうれしかった。
理科大サイクリング同好会OBは暖かいし、居心地が良い。いつも通りバカで清々しい。
もちろんいい意味で。
もっとみんなと走りたいなと感じた。OBになってから自転車を続けている人は少ない。
代にもよるが4~50人中数人程度だろう。
正直寂しいと感じる。関東勢も増えてきたので月例や定期的に出るイベントとかを決めてもいいかもと思ったり、色々画策中ですのでちゃりぶの皆さんは色々よろしく。


次なる野望

今年このようにイベントに出たり、強化に努めたのには理由がありましてそれは同人誌の出版を目指すという野望があった。
3月にやっちゃばに行ったときに感じた製作者の熱い思いやおもしろい内容など自分もやりたいとスイッチが入ってしまった。
ネタ集めや文章や写真撮りたい、好きに過ごしてきたのでそろそろこのブログもレベルアップを図っていきたい。
(といいつつこの散文は何なんだw)
12月大晦日の冬コミでも会ったことのある方々と話せて面白かった。と同時に、参加サークルや本や作品を見れてとても参考になった。
あとはtwitterでいいなぁと思った人とも話したり、知り合えたことが自分にとっての大きな収穫でした。
そういう方々は好きなのでなぜか色々話したくなってしまう。
うーん自分もそうなれたらいいなぁ。そのうち、ね。


最後に

こうしてまとめてみるととても充実した一年だったと再確認できました。
競技者としてのレベルも上がりましたが、いろんな方々との出会いやつながりで頑張れたり、自分の生活が充実できたと改めて思いましたし、これからも感謝を忘れずに自転車にのっていきたいと思います。






さて、次はどこに行こうかな?

新年のご挨拶と所信表明

ご無沙汰しております。
かとせんです。
明けましておめでとうございます。
去年お世話になった方々、引き続きよろしくお願いいたします。



今年もガンガン走っていきますので、楽しみにしてください。
去年のまとめとかもかんがえましたが、いろいろ書かずにいたら年越してました(笑)


それはそれでおいといて次の機会に書きます。





実は年末は「来期どうしようかな?」と考えながら過ごしていました。


チームメイトの活躍や進路が変わっていく中で、自分のスタンスや追及したいこと極めたいことについて自問自答してました。





そこで来期は大きく二つの目標を掲げます。
①乗鞍優勝(チャンピオンクラス)
②同人誌出版


①は一番の目標が乗鞍で、サブとしてヒルクライムレース入賞、富士ヒルでゴールド獲得


②は冬コミ参加、サブとして春に一冊、秋に一冊の合計二冊の出版を目指します。



①は自分の持ち味を生かすならヒルクライムしかないということで、真剣に取り組みます。
トレーニングプログラムや目標設定を年内にすましたので、現在トレーニング中です。
いい意味で〇ス。
まさに今期の赤い彗星と呼ばれるように圧倒的スピードでレースをかっさらいに行きます。



②は単純に面白そうなので自分も出してみたいからです。
こうやってブログに書くのもいいのですが、関心のある人と直接話せたり、やり取りができるというのが嬉しいし自転車界隈のために何かしら傷跡を残したいからです。
幸い一年でネタがたまったり、文章や構成、写真を撮ったりしてきて準備出来てきたからこそですね。あーたのしみ。



そんなこんなで今年もやっていきますので、よろしくお願いいたします。


祭~秋ヶ瀬バイクロア7~

いやー、楽しんできましたよ!!
秋ヶ瀬バイクロア7


今年七回目の開催となる、大人の運動会。
埼玉県の荒川沿いにある秋ヶ瀬公園の一部を貸切って、シクロクロスと様々な物産ブースとお酒をこよなく楽しむイベントです。



初心者にもやさしく子供や女性でも楽しめるコースとなっており、経験者はスピードを競うこともできるたのしいレイアウト。


地元や関東圏の飲食店や物販がブース出展しており、それだけでも楽しめます。
なお、お酒は必須です(笑)


今年の写真を撮りそこなってしまったのですが、手ぶらで来てもお腹いっぱいになります。
カレー、ケバブ、シチュー、パン、牛タン、日本酒、ワイン、ビールたくさん・・・たまらん!!



レースは30~45分でチーム、個人、女性、キッズなど盛りだくさんでいつでもレースが楽しめました。



二日間の日程で、私は土曜日はチーム、シューティングスター、シングルクロス
日曜はオウルクラスで参加しました。




チームで初めて今回のコースを走ったのですが、とても面白かった。直線もあればコーナー、泥、急な坂、大きな段差、フライオーバー(階段)など変化に富んでいて攻略し甲斐がありました。




シューティングスターは今回が初の取り組みで初の参加者となりました。


簡単な流れを説明すると、銃を使った的あてゲームで一番得点の多い人が勝ちです。


自転車でコースを半周し、銃の置いてあるポイントまで行く

好きな銃をとり、球を好きなだけ持ってく

人が的(10~100点)を持っているので、的に当てる

的に当てると人が得点分の紙をくれる

満足or球がなくなるor時間切れになったらゴールして終了


これをその場で聞き、使い方も知らずにその場で使うという面白さw
係りの方も初めてその場で聞くというてんやわんやしながら楽しく過ごせた。


小さい子も参加し大人も童心に帰って、一生懸命になって打ちまくっていた。


次のシングルクロスは固定ギアで30分間の周回数を競うものでした。
固定シングルギアは一台持っていて参加したのですが、実際にコースを走り始めると、怖い怖いw


でもその怖さの中でレースをするから、アドレナリンが出まくって超興奮していた。


しかし、二周目でこけてチェーンが落ちてしまい、マラソンマンになった。
ゼーハーでビリでしたがみんなの声援のお陰で走りきれた!!
お酒も餅も全部喰らってねw


二日目が実は本番でして、日曜日15時からのオウルクラスはバイクロアの締め。


仮装した人しか出れないという謎のレギュレーションであり、秋ヶ瀬公園に潜む魑魅魍魎が一堂に会するカテゴリー無差別のガチレース。


スタート前が卍



私はけものフレンズのかばんちゃんで走りました。
野辺山の時からこれで出ているのですが、とても盛り上がりますねw


87名よーいどん!


【レース展開】
スタートは20番くらいの好位置でスタート


最初のコーナーとストレートでひたすらに前に出て5位につける。


マシュとだれかを抜き去り、2週目時点では3位につけた。



プリキュアはぶっちぎりで、わんわんに1コーナー差に着けたが、かばんちゃんの帽子が下がってしまい、視界不良でところどころ失速。
三週目で後ろから遂に戦いが始まる。


実はたまたまサーバルちゃんが出ていて、ゴール前の大コーナーでほそくされてしまい、狩りごっこが始まる。


ストレートでデッドヒートドライブ状態でコーナーに先に突っ込みブロックしたが、直後のフライオーバーの頂上で抜かれてしまい、食べられちゃいました。



ここから周回差の付いた集団がちょこちょこ出てきてスピードに乗れず、キクミミさんに追いつかれてしまう。やはりフライオーバーでの差がついてしまい、ここで5位になってしまう。


ここで両足が攣り始めるがお構いなしに踏み込んでいく。
温泉ゾーンのお湯が地面に撒かれツルツルのぬちょぬちょになり、サンドタイヤの私は完全に滑り倒していたが、足を突かずにクリアし全力疾走でゴール。


レース中にみんなかばんちゃん!!って声をかけてくれたのが何よりうれしかった!
なるべく期待に応える走りと、食べないでくださーい、たーのしー!、はなみずフレンズーとかいって盛り上げたつもりw
お祭りだから楽しんだもの勝ちでしょ♪


てか、いろんなひといてわろたw
映画泥棒、カオナシ、バニー、松岡修造など



サーバルちゃんやプリキュアやキクミミさんと健闘を称えあった後、みんなで記念写真。



(化物しかい・・・おっと誰か来たようだ)




そんなこんなで楽しいシクロクロスレースなので、観戦だけのんだくれでもOKなので是非遊びに来てください♪