かとせんの「最近、乗ってる?」

Fucking japanese cyclist activity

どうも、かとせんです。
山に目覚めた普通の赤い人。
がとーに次ぐがとーのレッド。

シクロクロス千葉@C3とエンジョイクラス

千葉ポートパークで行われたシクロクロス千葉に二つのクラスで参戦してきた。



今日は日中がすごく暖かかった。
コースレイアウトは芝生の起伏→砂浜→林間で一周6~7分だった。



C3は40人がスタートし33番スタート。
スタートから戦闘パックをとらえていたが、一周目の砂浜でこけてしまい10人くらいに一気に抜かされなえぽよ。
砂浜セクションは5周中1回だけ完全乗車できたが最終周だったのであまり差がつかず。
徐々に踏み込めなくなってきたのも感じたが、何より心拍が180以上を30分継続することがきつかった。
漕げるところもあったので、3.0気圧FRで走行すると砂浜に刺さって進まなかったし、林間での跳ねが目立ってロスパワーが出た。


最終30番でフィニッシュし乙った。
今の自分の実力はここまでというのが分かったので、来シーズンからまた頑張ろう。




エンジョイレースはチームで一時間走るのだが、相方が走らないので1時間一人で走り続けた。
この日は仮装可能だったので、シクロクロスフレンズのかばんちゃんで参加した。
秋ヶ瀬のオウルクラスの皆さんも参加していたので、相変わらずみんなで盛り上がる。


全部で10周で、スタート時は17番手最後尾スタートした。パワーセーブがこの後命取りとなる。


なるべく一定のワットになるように調整しながら走ることで、コースに対してトルクをかけながら走ることで、案外スピード出してもコーナーをクリアできることが分かった。
ここで半分くらいに躍り出る。
砂浜セクションはパワーの入れ所さえ分かってしまえば、完全乗車でクリアできた。
最初はなるべく轍に沿って進み、最初のコーナーではイン側の轍に沿って進む。
次の草があるところまでが一番つらい、全く進まないので根性で乗り切った。海に近くなれば下り坂なので、ある程度漕げば進む。
波打ち際に入りトラクションかけながらであればクリアできるので、いつもの練習通り。
階段までは案外進めるので気合で乗り切る。


林間セクションもごり押しで漕いでクリアできた。
給水を受けながら半分の30分が経過した時点で燃えカスみたいになっていたが、まだ折り返しということで吐く。


芝生は一定トルクで心拍セーブ、砂浜でパワーブースト、林間セクションで落ち着くという繰り返しだった。



結果は4位!
3位とは1.5分差だったので、あと一歩及ばずだった。
しかし、一人でこれと考えると誰か一緒に走ることが出来れば、確実に表彰台に行けたと思う(今更w)


大会運営も人手が少なかったようで、たいへんだったようだが、駅から近くご飯を食べるところもあり、観戦スペースもちゃんとあることを考慮すると、人気イベントに化ける要素が詰まっているので、今後に期待しつつこれからも参加したいと思った。


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。