かとせんの「最近、乗ってる?」

Fucking japanese cyclist activity

どうも、かとせんです。
山に目覚めた普通の赤い人。
がとーに次ぐがとーのレッド。

ゆるキャン△したい・準備編

昔はテント泊や野宿を良くしていたが、最近めっきりしなくなった。


社会人になってお金がもらえるとわざわざキャンプしなくても大会前泊できるし車もあるからわざわざやる必要がないと感じてしまう。



でも、外でご飯作ったりBBQやコーヒー飲むのはとても好き。
シクロクロスの会場はキャンピング的な要素もあるから楽しいし、自分で工夫して過ごせるところも良さなのだろう。



さて、友人からキャンプしようズェ…
と来たので、いいズェ…


と二つ返事をしたのだが実はキャンプ道具を捨ててたwww



寝袋とマットしかなく、バーナーも無かった。


なので今回は準備編として自転車で一人キャンプするにあたり必要なものを揃えたので紹介する。


今回揃えたのは
・フレームバッグ
・ハンドルバーバッグ
・一人用テント
・バーナー&コッヘル
・ランタン


以上の4点だ。


寝袋とマットはすでに干からびランで紹介しているので気になる方はそちらどうぞ。


montbellスリーピングバッグ#7、エアマットとピローです。



・フレームバッグ
流行りのバイクパッキングに本格的に挑戦します。
シートポストバッグとしてブラックバーンを使用していたが、一通りの荷物を持つと間に合わない。
そこでまずはフレームバッグを選んだ。
この中にはテントと小物を考えていたので、まずはブラックバーンのこちらにした。


ものを揃える時はブランドを揃えるとスッキリした見た目になるのでオススメ。


後から気づいたのだが、これでよかった。
実はモンベルのテントパールがジャストサイズで入るのだ。
テントのベースとグランドシートは入ったが、フライは入らなかったので、シートポストバッグにした。


・ハンドルバーバッグ
こちらもブラックバーン
容量が足りず、もう一声ほしかったので大き目ですがブランドをそろえました。
もうこれで、いつでもどこへでも行ける。
サイズ感
容量



・一人用テント
近くにモンベルストアがあったので、こちらで相談し購入。
モンベルテントは本体とレインフライは別売りとなっているので、お気をつけて。
用途や対応するフライなどを伝え、店員さんにお任せして購入した。
全室付きにするか迷ったが、どうせミニタープも買うので不要と判断し軽量テントを選択した。



・バーナー&コッヘル
SOTOアミカスとコッヘルセット。
これはゆるキャン△のしまりん使用モデルで、amazonにて5500円と同等品たちと比較して安かったので選んだ。
クッカー内にボンベとバーナー本体が収納でき、あと何かしらは入るのでコーヒーセットでも入れようと思う。


・ランタン
一番のこだわり。
焚火もいいですが自分の手元に小さな明かりをともすだけでも雰囲気でそうでいいなと思い、ランタンを探す。
しかしどれも持ち運ぶには大きくかさばるし思いというのが難点であった。
そんな時に見つけたのがこれ。


ハイマウントフォレストヒルマウント


手の中に納まるサイズで、100均のキャンドルサイズと同等で、燃焼時間が3.5hと長い。
キャンドルの出し入れも簡単なので、安心して手軽に楽しめる。



これらを駆使して友人たちとキャンプを楽しみたいと思います。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。