かとせんの「最近、乗ってる?」

Ride it possible
20代半ば男の自転車なんでもやるフレンズ
関係ないことも書くよ。
じれんしゃらぃしゅき٩( ᐛ )و

耐~1/7 ママチャリGP@富士スピードウェイ~

更新遅くなってしまいました。


今後は3or4日に一回のペースで更新していこうと思いますので、よろしければお付き合いくださいm(__)m


さて、題名にもある通り1/7に富士スピードウェイで行われたママチャリグランプリという7時間耐久のエンデューロレースに参加してきました。
このママチャリGPというレースはチームで7時間以内に何周できるかを競う大会です。
仮装OKで家族連れや会社の集まりや自転車サークルで参加する方が多く、前日には宴会なども楽しめるイベントです。
参加者は約2万4千人、1156チームの大きな大会です。
私は大学のサークルOB勢に参加しました。


会場は金曜日から解放されているので、各々スペースを確保し、荷物置きなり休憩スペースなりにしていました。


レース開始までにはいくつかやるべきことがあります。
1. 車検
2.スタート場所取り
3.下ピット場所取り


1は2〜4時の間に大会規定に即した検査を受けなければならないので、起きていないといけないのが辛いところ。


2は大会の順位を決める大一番。
ポールポジション賞もあるくらい白熱します(?)
最前列にいると各雑誌に載るみたいなので、頑張れ(笑)


3はこの大会ならではのルールで、ピット交代は二箇所あります。
会場常設ピットとダンロップコーナーというコースのサイドに第2ピットがあり、この第2ピットで例年交代しています。
ここだとピットインでの混雑がないので楽チンです。
7時から並び始め7:30に完了。


そんなこんなで8:00スタート


一周を全力で回して交代していると、だいたい9:20位で回って来る。
走者が少ないと1時間ちょっとで回って来るので、これがきつい。
帰って来てから10分は動けないほどの全力疾走をこなす。
さながら駅伝のようです。しかもその間に自分らでご飯を作らなければならない。
ご飯はテントで作るのだが、毎回移動しなければならないためしんどかった。


仮装や親子で参加している方は、こんなハイペースで走りません(笑)
ガンダムやキリン、ふさふさの人など最近はレージャーで走る人も多くなってきました。
小さい子供も頑張って漕いでいるところを見ると、こちらまで頑張る気になりました!


今回何度目かのアンカーを務めました。
最終ピット交代は15分前に閉鎖となり、ちょうどそのタイミングで交代できました。


ここからが怒涛でした。
一周したのち、二週目の途中で、残り2分半というアナウンスを聞いて間に合うかもしれないと思い全力で漕ぎまくった。
連続した上り坂を上るだけでしたが、人が多くよけながら早く走らなければならなかったので、弱虫ペダルの巻島風のダンシング兼あばばば君のように汁が噴出しながらのスプリントクライムで最終ストレートへ。
ここでさらにケイデンスを上げ、黄金長方形の回転でラストスパートをかけて00秒をコンマ2,3秒で切り、三週目に入れました。
みんなまったりムードの中、一人でも追い抜かしたくなり、全力でフィニッシュ。


結果は10位とメカトラが頻発していながら大健闘でした。
これもつないでくれたチームのおかげで、今年もいいスタートが切れました。


参加された皆さんお疲れさまでした。
また来年はパワーアップして表彰台を狙いましょう( ´∀` )