かとせんの「最近、乗ってる?」

どうも、かとせんです。
山に目覚めた普通の赤い人。
がとーに次ぐがとーのレッド。

塗~シクロクロスフレーム自家塗装アマゾンアルファ~

今、amazonprimeで仮面ライダーアマゾンズという仮面ライダーシリーズを視聴しています。


そして、ドハマリしたwww
アマゾンズめちゃ好き!!


いわゆる日曜朝のシリーズとは一線を画す、いや百くらいかもしれん。



バイオレンスな表現や映画さながらの撮影カット、非常に気分が重くなり考えさせられる重厚なストーリーに仕上がっている。
平成初期の仮面ライダーシリーズが好きな人には、ピンポイントかも。


私は赤色が大好きなので、作中のアマゾンアルファというライダーが赤でめっちゃお気に入りになりました。



これ


かっこよすぎる。
そんでもってこいつがめちゃくちゃ強い。


もうね、残酷なまでバッサバッサと敵を倒す。


変身者である鷹山仁(以降仁さん)はアマゾンを作り出した研究者で、アマゾンは本作の怪人であり、食人衝動を有し、人に擬態する。


ある時事故によってアマゾン1000匹が一般社会に逃亡してしまう。その責任から自分にアマゾン細胞を移植しライダーとなって戦う。


仁さんは「アマゾンは一匹残らず殺す」という使命として、時として人間を捨てる時がある。



全部含めてかっこいい。
戦い方も非常にクールで、体中の傷がその戦いのすべてを物語っている。


つまり、大好きすぎて何か作りたくなっただけのお話です。



コスプレもいいなと思ったんですが、自転車の自家塗装は前から興味があり、愛ゆえに頑張って見ました。


作業工程や材料は主にkinoさんのブログを参考にさせていただきました。
とても勉強になる。



【デザインの書き起こし】
モデルのアマゾンアルファ

全身からイメージを想起します。



自転車(ANCHOR CX-6 equipe)


ラフデザ




ノートに手書き。
あまりここに時間はかけないこと。
紙面での完成よりも、実機での完成度を高める。


早速ですが
塗装対象:ANCHOR CX-6
塗装モデル:アマゾンアルファ(S2:目が白い)
【準備するもの】
サンドペーパー(60.240.600番)
塗装剥がし
プラサフ(ボディーペン)
ブラシ
塗料
タミヤカラー
クリア(Holts)
マスキングテープ(大)
デザインナイフ


トータル8000円くらい



【手順】
すぐに出来るフォークから。


①モデリング
ギザギザパターン作成
・フォークに貼る
・サインペンで好きに書く
・デザインナイフで丁寧に切る
・重ねて切る



②ひたすら削る
サンダー欲しいけど、我慢。お金ない。


クリア、オレンジ、ブラック、下地、カーボンの順番で塗装されていた。
なので容赦なく下地まで60番でゴリゴリ削る。


めっちゃ粉が舞うので、マスクとゴーグルと屋外作業オススメ。


3時間ほどシコったら、240⇨600番で仕上げ。
ここはそんなにしこたまやらなくていい。
全体を3周したら終わり。


③マスキング
へッド周り フォークエンドをした。
ペイント薄め液をタオルに滲ませ、隅々まで拭く。
ここでしっかり油分を落とさないと、塗装が乗らずもれなく失敗するので、そこだけ気を付ける。


④サフ吹き
30回位よく振って初めはうっすら乗るくらい。
30分間乾燥させ、次は少し厚めに均一を心がけて1日乾燥。
ファイナルで、下地が完全に見えなくなるなるまで。
一晩乾燥で完成。


【色付け】
下地を黒にしてそこに赤を重ねるようにした。
黒はタミヤカラーセミグロスブラック(半つや消し)にを使用した。
下地と同じく三度重ね塗りした。



なかなかの仕上がり。



マスキングテープを張りつけ、同じくタミヤカラーのメタリックレッドを使用した。



丸一日乾燥させ、翌日マスキングテープをはがす。
ドキドキの瞬間



GREAT!!!!


細かいところにホコリの付着や色にじみがありますが、許容範囲内なのでこれで良しとした。
色にじみは薄め液で軽くふき取るのと布でこすれば落ちるので、それで対応する。
これに最後クリア塗装を重ねれば完成。



フレームはこの次。