かとせんの「最近、乗ってる?」

Ride it possible
20代半ば男の自転車なんでもやるフレンズ
関係ないことも書くよ。
じれんしゃらぃしゅき٩( ᐛ )و

機2~GOKISO GD2 38mm~

珍しい機材れぽ


今回はごっつええホイール GOKISO GD2 38mmについて


GOKISOはアマチュアロードレース界の山神こと森本誠選手が使用するホイール。
乗鞍や富士ヒルを優勝している方の機材なので、勝てることは実証済み。


以前から気になっていたが、その高性能ゆえにお値が張り、手が届かなかった。
GOKISO GD² ロード用 前後セット 386,000 円(税込み 416,880 円) HPより





永遠に回り続け、剛性感や慣性力の高いホイールである。


そんな機材を手にすることが出来たのか。。。





ホイールレンタル






事前に販売店を通してレンタルする機種と期間を決めておけば、販売店に郵送で届きその場で装着することが出来る。




レンタルしてまで乗りたいと思った経緯は、富士ヒルのGOKISOブースで試乗した際に、これは面白いと感じたからだ。



勝手に進むし、止まらない!!


誤解を招かないように説明すると、ブレーキやリム面の問題ではなく自分のブレーキングの感覚が異なっていたからだ。
異次元の転がり。


抵抗をかければ、あとはこれくらいで止まってくれるだろうという予測が別次元で裏切られた。


回転がァ・・・止まらねぇぇぇぇーーーー!!
みたいな。


その時スタッフの方がホイールレンタルについて教えてくださった。


御託はいいので、レンタルの流れと、何があったかと、金額そしておこがましいですがインプレします。



【レンタルの流れ】
メーカーHPよりGOKISOお客様担当の方にメールで連絡すると、概要と流れを説明してくれる

取り扱い販売店にお願いする(この時にはメーカー連絡済みの旨を伝えた)

取り扱いがあれば、お店とGOKISOでやり取りをしてもらう
その際にどれを使うのか相談したうえで、申請できる。第三候補まで選べる。
スーパークライマーしかりGD2も可能。

販売店にホイールが届く
 ★ホイール、専用ブレーキシュー、スプロケ、タイヤチューブ(Continental GP4000 4season 25C)が付属してきます。
 ★スプロケの歯数は選べないので、自分で持って行って交換をお願いします。11-25T 6800アルテが付属。とてもいい。

組み付けて完成



ここまで無料


返却時には送料と作業工賃を払って完了。
私は約4000円くらいで完了しました


【ツールドニッポン 究極のつくば9耐】に参加し、部門6位と総合8位に入賞しました。
もちろんチームメイトのおかげです。


その時にGOKISOが活躍しました。


さてお待ちかねのインプレ




見た目だけで+5km/h (笑)
かっこいい!!


おもい!!



ひ弱なクライマー系には重かったかなと。
体重52.5kg 170cm 持久系のヒルクライマーです。
前後合わせて2000gほど。重量だけ見たら鉄下駄。


筑波サーキットは起伏の少ないワインディングコースだった。
集団のカーブ後の立ち上がりや、ペースが上がった時に踏まされている感じがした。
もっさりする。しかし、一度高速域40km/h以上に入ってしまえば足を格段に使わなくなる。

短いサーキットというよりは直線の長くアップダウンのあるコースに向いていると感じた。



【ブレーキング】
全く問題なし。6800レバーとブレーキだったがフィーリングもアルミリムと比べ、遜色なく使えた。
小雨が降っている中で一度試したが、それでも制動力は高いままだった。音が鳴っていたけどエグザリットほど大きくない。


【走行感】
ハブ自体がすごく重いが、回転性能に極振りしているからであって、重いのはしょうがない。
でも外周も重いのだ。回転性能の恩恵を十分に受けられるのは、より慣性力の働く思いリムの相性がよいだろう。


それが私にとってはネックだった。


エアロを求める際にリムハイトがおおきな要因と考えられるが、このGOKISOリムは38mmのセミエアロでハブのカタログ値とホイールの実測値から片側500gあると推察された。実際公式HPでもその程度。

重い。パワー型ではない自分にとって、相性が悪かった。
どちらかと言えば高めのケイデンスで速度を出すタイプだったので、それが封じられてしまったようで、思うように走れなかった。


一方で同じホイールをレンタルしていた平地も行けるタイプのパワーよりの友人曰く、相性が良いと。
脚質に合った選択が必要なんだなぁと実感できた。


【利用法】
最も向かない使い方はポタリングやツーリング。
ファッションに使うには良いセンスしてると思うよ。
ストップ&ゴーではもっさりしていて足をすごく使う。


レース用機材なので、次使うならヒルクラレースでスーパークライマーか、練習コースで記録測定してもう一度インプレしたい感isある


こうしたレンタルサービスで、積極的に利用できるのであれば大きな大会だけとか、そのうち買ってもいいけど、心配だからレンタルにしようかなとするのもありと考えている。