かとせんの「最近、乗ってる?」

Fucking japanese cyclist activity

どうも、かとせんです。
山に目覚めた普通の赤い人。
がとーに次ぐがとーのレッド。

優勝~第21回CSC5時間耐久ロードレース~

一年越しの優勝

ここまで長いようであっという間のようで、長かった。


7/16に行われた第21回CSC5時間耐久ロードレースに参戦してきました。
大会HP5時間耐久チームサイクルロードのご案内|伊豆・修善寺|日本サイクルスポーツセンター(CSC)


伊豆サイクルスポーツセンター内の一周5kmのほぼアップダウンしかないコースを4名のチームで5時間走ります。



昨年同大会に参加したのが自分が本格的にロードレースをやり始めたころだったので、一年の成長が試されてるなという心構えであった。


高校生の実力テストとでもいうだろうか。
趣味のなかでもかなり大きなウェイトを占めてきたレースやトレーニングの結果を自分自身の力で正しかったといえるようになるか否か。
このレースにかかっているといっても過言ではない。



メンバーは荘さん、カヅヤさん、ユウさんでこれまでも一緒に走ってきた仲間だ。
当日までにしっかり体を作り前日の飲み会もしっかり楽しんでいたようだった。


準備

当日は7時頃に会場入りし、8時からの試走までに諸々の準備をした。



試走は一周だけ確認して終えた。前日に2200upしているのでこの疲労が残っているかもしれないと判断したためだ。
実際にはその後のマッサージで少し硬くなっていたが、思っていたよりではなくトルクをかけても疲労感はあまりなかった。


出走順はカヅヤさん→ユウさん→荘さん→自分で、3周交代とした。
およそ10分程度で戻ってくるだろうと見越して、一人約30分間。



自分は一番遅かったのでひたすらカロリーを切らさないようにちょこちょこつまんで水分補給も欠かさなかった。
おにぎりも食べたが最近お気に入りのスポーツ羊羹もぱくついた。


出走30分前からローラーを回しWINZONEとMAG-onを流し込む。
キャメルバッグのポディウムアイスが非常に優秀で、体の冷却用に氷水のみ持って走った。
30分で一部日陰ありで下りありならば二本ボトルを持つ必要なない。
湿度も気温も高い場合、いたずらに冷たい水やスポドリオンリーでは内臓が冷えて余計に体力を消耗してしまう。
ならば、しっかり塩分を身体に入れて置き、冷たい水は少しずつ飲み薄めていくイメージならば快適に過ごせそうだ。



そして自分の番である。

自分の番

走り始めはダンシングでやりくりして出力を落とさない。


カーブは基本的にブレーキをかけることなく、常にアウターで走っていた。


上りの区間は220w程度コンスタントに出ていたので調子を維持。


最後のぐっと上るところは、インコースめがけて全力で回してスピードが落ちて来たら300wで1分間ぺっと踏んでいたら誰もいなかった。


これで一周約9 min30 sec
それ以降は3週目がきつくて少し垂れたが10分以内には周回していた。
下りで踏めなくなっていた汗


休憩中

去年に比べると約1~1.5 min早く走れていることになる。
これは嬉しい誤算で成長を実感できてうれしかった。
体調をよくするためにピット内でもいくつか注意していたことがある。


①ローラーに乗る
②水本補給と体の冷却
③何かしら食う


ローラーを回すことで乳酸代謝を良くし、水分やミネラルの補給で体調管理、ハンガーノック対策をした。こういう積み重ねが大切。


チームメイトも垂れることなく約10分以内で周回していたので、この流れを止めるわけにはいかないと思った。


アンカーはワイw

ピット交代の時間などを考慮して自分がアンカーになり、三回目の三周がやってまいりましたw
こんな予定では…


やるかーって感じでペッと踏んでたらタイムはあまり落ちず、気付いたらペッと終わってました。
最後までほとんど同タイムで走れたことが自分でも驚きだった。



その後は完全に熱中症。あの暑い中若干の悪寒が出たのでやばいと思って会場にあったプールへダイブ!
あまりの涼しさにしばらく浮かんでました( ´∀` )
その後はしっかり回復した。


レース結果は…

4人部門で一位!!!!!
人生で初めての優勝を経験することができて本当に嬉しかった。
今までずっと二位が多かったので、あと少しって感じでいつも終えていたが、今回は非常に気分がいい。




メダルの色が金へと変わりました!!!!



一年間優勝することを目標に頑張ってきた甲斐があり、努力が報われた瞬間であった。


大人になっても褒められるというのは非常に嬉しいですね。
ただ単純な「ヤッター、どやぁ」ではない。なんかこう噛みしめている。


正確に言えばいろんなことが思い出される。


去年表彰台で3位になって調子乗ってレースに出まくったこと、それでも強い人や強度の高い練習でつらみを帯びたりしたこと。
自分でどうやったら速く走れるようになるか考え続けたこと。
一緒に走る仲間に恵まれたこと、応援してくれる人がいること、気にかけてくれる人がいること、喜びを分かち合える人がいること、周りがいなかったらきっとなしえなかっただろうと。


今回の経験で一つ言えることがある。
それは「大きな成果を出すには、自分の弛まぬ努力と周りの支えである」だ。


思い出されるのは周りのことばかりで、その後に自分も頑張ってたなーと思う。
でも自分の頑張りは周りの為に踏ん張れたからでもあったなと気付く。
そんな自分の意志の強さってのも同様に大切と思う。
周りに感謝です。


ある意味一つの目標が達成されて、自分としては満足している。
でも、これ資格でもなんでもないしまだまだ成長できる試合一日前とほとんど変わりがない。優勝したという称号が付くだけで、栄光や名誉ってのは過去のものだから囚われずいこう。


だから、これからも頑張ろうと思う。
次は個人でヒルクライムレースで優勝を目指して…

ブログのこと

なくなるわけじゃありませんw


2018/6/12時点
経過年数 約1年8ヶ月
総アクセス数 26,777
ここ数ヶ月の1日のアクセス数 100人前後
記事数 156
記事ペース 2 pages/week(ただし波はある)


数字だけ見たい人はここまでで十分です。



毎日100人くらいに見られてると思うと大変恐縮です。
良い記事が必ずしもこうアクセスにはならないですが、いろんな方に見ていただけてありがたいです。


自分の記録として始めたものですが、継続は力なりとはよく言ったものでいい気分です。


レビューの記事が少なく、おおよそ独り言やレポートしかないのですが長い間お付き合いしてくださってありがとうございます。
初めに書いた通りほかの人に多少役に立てばいいなぁ、そして自分が後から振り返ってわかるものでいいや程度だったのですが、楽しみに待ってくれる人がいるくらいになりました。本当にありがたい。



今だから言える話

はじめたきっかけは、自分がいろんなことを調べていて多くのブログに助けられた経験があります。
もしかして自分も書いたら助かる人がいるんじゃね?と思い立ったからです。



それと自分自身がさらにステップアップしていきたいとも思っていました。
理科大チャリ部でとてもいい経験をできたことで、ある程度の満足はありました。



しかし、この先自分が自転車を続けるうえでのモチベーションがなかった。



サークルを引退してからの自分は自転車には乗るけどそれが強くなりたいのか、おしゃれに走るのか、ツーリングなのか、マウンテンなのか、シクロなのか、方向性が定まっていませんでした(今もデスケドネ)。


真っ先に思い浮かんだのは「はやく走れるようになりたい」次に「自転車界全体を楽しみたい」だった。



自分にとってある程度走れることが第一条件だった。
プロ並みとはいわんまでも、アマチュアの中ではそこそこ上級者になりたいなと。
そうするとキャパが広がる。
キャパが広がれば楽しめる範囲も広がる。
ゆるいのもやる、ハードなのもやる、どっちもやらなっくちゃいけないのがおれのつらいところだな。覚悟はいいか?俺は出来てる。


まだまだ世の中には変態はたくさんいる。これから先も変態であるためにはもっと進化していきたいと考えました。
でも、自分が普通過ぎて辛いw
そのためには記録というか証拠が重要だと考え、ブログやってみようかとか思ってみちゃったり。



実際始めて分かったこと

ブログをやるのにこれじゃなきゃダメみたいなのはない。
このmuragonはある程度参加者管理側で、来訪者数や見れますしかさ増しもなく、写真のストレージは問題なく、扱いは簡単なほうだと思う。
だからこそ、文章や構成に集中したい人には向いていると考えている。



自分の同じ機材や楽しみ方や価値観の人はあまり見たことがないからする意味あんまりないのかなと思ったけど、それは裏を返せば「ユニーク」であるというメリットでもあるのでいいことかな。



あとは相手にわかってもらえるように努力することができたことだ。
メモ書き程度であればここまで目に留まるような内容にならなかっただろうし、仕事柄論文紹介や進捗報告など発表したり、相手にないかを伝える良い訓練になっていた。



かといって説明口調になるのもつまらないし、感情だけではロジックが上手く組み合わなくて伝わりにくいとか思っている。
バランス重要。


総じて楽しくやってます。



おわり

2018年富士ヒルクライム参戦レポート

70min14secの備忘録



富士ヒルクライム二度目の参戦となりました。
前回は74min55secでギリギリシルバーだったので、今回は65minのゴールドだせるかなぁと淡い期待を期待していた。


一か月前の試走でシルバーは確実に出せると思っていたが、ゴールドペースの人にはついていくのがやっとだったので、おそらく70minくらいになるのではないかと予想していた。


ピーキング前の腕試し感が強くどれくらいで走れるようになったのかを試すモチベーションだった。
主はあまり練習してないのであしからず。


【準備】
実施したのは主に3つ
・カーボローディング
たくさんご飯を食べる3日前から。
決して空腹を悟られないように…
いわゆるグリコーゲンの補充。


・マッサージ
今回から導入したイナーメ棒でころころし、アロマベラのスポーツオイルで丁寧にぬりぬりした。
これはAACRで気持ち良かったから採用した。


・補給食
マグオン系
2つアップルとレモン


血糖値のベース化
パラチノース含有ゼリーで300kcal


脂肪燃焼系
WINZONEというもので脂肪燃焼を運動後すぐにスタートし、後半の持ちをよくするものだそうだ。



【本番】
時間を追ってレポートします。
7:40の第10ウェーブの最後尾スタート
今回の作戦は「チャージショット作戦」
残り7kmからスピードが上がるので、それも考慮して温存して走ることにした。
これからの自分のテーマ温存。



出走5分前にWINZONEの粉を飲む。すっぱいが水なしでも行けるくらい飲みやすい。
スタート時おおやようこさんを見つけ、話しかけたら本人でびっくり!
少しお話しさせていただいて緊張がほぐれた。


計測開始地点から猛烈なスピードで上がってくる人がいたので乗っかるが、料金所までの坂で400w出ていたのでついていくのをやめてマイペースで登りだす。
最初が一番勾配が高いのでP/W 4前後の200~240wで維持して走った。
この時点で前日の60km1800upのダメージがあることを認識した。心拍は余裕あるのに脚が上がらないw



抜きつ抜かれつだったが全スルーした。
というのも最初が一番走り方や調子にばらつきが多いので様子見した。ここで速すぎても遅すぎてもダメで自分のペースを維持する。
最初の駐車場あたりで一回心拍を上げたが、160までしか行かないw足のほうがつらみを帯びていた。なんでやねん。


その先からはいつの間にか3人の小集団となり、自分が声をかけて交代や情報を与えていったら、意識が統合され強調することができた。
2キロで交代をして平均20km/hは維持することに成功。コースが頭に入っていたので勾配がきつくなるところは自分が前に出て、ペースを上げすぎないように努めた。


途中で声をかけるも二人とも死にそうな返事しかなく、いい意味で集中できた。
最低限のインフォメーションと先頭ありがとうございます等のコミュニケーションでいい雰囲気にはなっていった。
あまり話さなくとも絶対この集団で走るぞという意思を感じたので、いい刺激を受けた。


トレードオフ、ギブアンドテイクという考え大切。
自分が貢献して何かプラスを得る。まずはギブギブギブそのうえでテイクを必ず得る。



4合目駐車場までこうして足をためることができたので、概ね計画通り。
三人のうち一人は平たんが得意(仮称Sさん)で、もう一人は足に余裕があるのか4.5倍できっちり引いていた(仮称Fさん)、声だけ元気な私。
素人ながらこういう状況でいかに早くゴールをするか考えるのが面白かった。
今後のコースプロファイルやどのタイミングでローテ回すか考えて、なおかつ自分が主導権を握れていると実感したら面白くてたまらなかった。



きっとシルバーは固い。ゴールドには届かないが70分ならもしかして…
7キロを切っても勾配のきつい区間もある。一度緩くなるところで自分が前に出てペースアップし、Sさんと平地のローテで速度を維持。
勾配がきつくなるところではFさんに回し、きっちり挙げてもらう。


その先最終の平坦区間のはじまりで自分が先頭になり、ペースを上げると宣告。いわゆる発射台だ。
10秒ローテに合意し40km/h以上で巡航しもう一人きたので吸収し回す。
自分ひとりじゃむりぽw
ここまで連れてきてくださったSさんFさんありがとうございました。



最後のトンネル付近で自分が追いつけなくなり集団は分散。
つらい時こそトップチューブに貼ってあるみぽりんを見て、ラストスプリント。
履帯切れそうでしたが最後までゴリ踏みしてゴール。



【結果】
タイム:70min 14sec
種目: 男子19~29歳
順位: 61位


・感想
素直に嬉しいし満足度は非常に高い。ベストを尽くしたからだ。
ゴールドはまだ先だが、次につながる良いデータを得ることができた点も良い点だと思う。
昨年から約5分ほどタイムを短縮出来たのには、様々な要因があると思う。
単独TT状態、パワメや直前の準備もなしだった。
補給食がばっちりだったのも良い点だった。


概ね着地見込み通りだったが、この集団でなければできなかったのが第一点。
そう考えると実力アップもさることながら考えて走れたがゆえの産物だ。
来年に向けてのモチベーションは今のところ高い。今シーズンも頑張れそうだ!



・次どうするか
① ベースアップ
あと五分を最終区間で出すのは厳しいだろう。それならば、四合目(18km地点)までのタイムを4分短縮し、残りで1分としたら行ける気がする。気がするだけ。
そうなると6%18kmをP/Wを4.5コンスタントに出すことが必要だろう。しかも足をためる前提で。モアパワー。


②軽量化
実は会場までの上りで普段よりも20w低く同じ速度で登れていたのだ。
軽量化の恩恵を久しぶりに実感できたので、さらにできるところもあるのでベストを尽くす。
自分の場合、体重の増減がほとんどなく体脂肪率は10%前後とほぼ一定なので、体の心配はあまりしていない。
乗鞍になったら体脂肪をモリっと落とす予定だけど、peaksで落としたら死を意味するのでその後で。


③前日の上りはほどほどに
今回唯一の失敗は前日に走りすぎたことであるw
滝沢林道二本はあかん。900up×2は翌日にダメージが残る。
心拍を上げて走るやり方を忘れたので、それも今後思い出して使っていきたい。



おしまい