かとせんの「最近、乗ってる?」

Fucking japanese cyclist activity

どうも、かとせんです。
この世界を自転車を通して楽しんでます。
ロード、マウンテン、シクロ、時々キャンプ

近況など

さて、そらちグルメフォンドとても楽しかったわけで、先月はレースで優勝したのでもうなんだか満足している。



目下レースでの優勝というのに向けて約一年半ほど頑張って来たわけだが、目標を達成してもう満足してしまいました。


つまり今は自転車にハードに乗るモチベーションがない!!!!



熱しやすく冷めやすい自分の性格を理解したうえで、でも自転車は続けていくなど新たな目標づくりが必要だな。



「具体的な目標は達成されると終わりだが、抽象的な目標は終わりのない研鑽の道」



今の自分には抽象的なものを表現することのほうが重要だと思う。


自転車が上手くなりたいとかはっきり言って答えはない。
というか、真の意味でうまくなるというのをとらえられていないし語弊があるのは違和感。だったらマウンテンやシクロをやるべきだし、ペダリングモニターや整体動作の勉強してんのかいな?ということになる。それでうまいの下手のって勝手なこと言うなっちゅうに。


自分の場合「自転車は好きだけど、自転車そのものに楽しみがあるわけではない。」


自転車を通してみられる景色(観光名所、歴史、人、風景、道中のいろんなこと、レースのシリアスなシーン、表彰台の景色、DNF,DNS、仲間や同行者の表情や雰囲気)が好き。


それらの楽しみの一つとしてフィジカルやテクニックとしてはある程度のラインは必要だけれど、過ぎたるは及ばざるが如し。なんでもトレーニングは必要。
好きなように楽しむ。自由。




自分は良くも悪くもデータ好きなのだろう。(アッサム的な)
理屈すき、科学好きなんだろうね、なぜや何が分かるというか考えるのが癖になってる。





うーむ。最近いいと思ったこと
・自宅から黒磯まで走ったこと
・フェリー楽しい
・芸術や美術の良さが少しわかったこと
・歴史や神話など不思議なことが面白いと思えるようになったこと
・専門以外にも幅広く興味を持つ心、好奇心はある
・人生最上にいて最高の暇を持て余したこと
・ガルパンの映画を劇場で鑑賞できたこと
・キャンプが楽しい
・外国人旅行者に英語のガイドやれば?と言われたこと
・やっぱりゲストハウスと一人旅は相性がいい
・FGOたのちぃ
・おれは賛同できないとか他者に否定的な意見を持てるようになったこと
・自分の意見が持てる


約一か月間ほどほどに楽しんでいいように生きれている。
楽しいことばかり、逆に研究の比率は落ちてるかな。
復帰して5か月なんだかんだ言って緊張してた。仕事量の大変さとかではなく、周囲とコミュニケーションが取れているか、テーマや学問に向き合っているか、今日一日追い込みすぎないで過ごせているか。
そういう複雑なやじろべえをしている感覚が必ずあった。
いったん仕切り直し、まさしくリフレッシュするということが大切なんだぁと実感している。








論文かかなあかんねん!!!

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。