かとせんの「最近、乗ってる?」

Fucking japanese cyclist activity

どうも、かとせんです。
山に目覚めた普通の赤い人。
がとーに次ぐがとーのレッド。

展~サイクルモード2017~

11月3~5日の3日間、幕張メッセで行われていた大型自転車見本市であるサイクルモードに行ってきました。


サイクルモードは一年で一回自転車、アパレル、パーツ、ツーリズムのブランドが一堂に会するとても日本で一番大きな展示会です。


中でも新作展示と様々な体験ができることが見どころです。


自転車の試乗、自転車講習会、選手のサイン会、著名人トークショーなどこの機会を逃したら二度と体験できないイベントが目白押しです。
自転車乗りならぜひ一度行ってみるのがいいと思います。




さて、前置きが長くなりましたが紹介していきたいと思います。
6年前に一度行ったっきりなので、その時と比較できたらします。


入口には試乗受付、これがないと目玉の一つである試乗ができません。
氏名など個人情報の記入と簡単なアンケートを行ってい、受付に渡してオレンジ色のバンドを受け取ると完了です。

いざ会場に入ろうとすると長蛇の列(;´・ω・)
結構時間がかかるかと思ったら、15分もかからず入ることができました。
ここはかなりスムーズな入場になったなと感じました。


入ってすぐ


なんと目の前のリドレーブースではパックムーネン選手のサイン会を行っていましたので、早速並んでゲットしてきました!!


ピースサインがかわいいので真似ましたw


ここからはひたすらに自転車を取りまくった。


エアロモード


放熱モード

クランク兄弟


百式モデルに見せかけたメタスカラー

ユニコーンNT-Dモード





バンシィ-NTDrive


ユニコーンNTDrive


サンタクルーズ DHは激しこ





ヨネックスのカラーリングはいつ見てもかっこいい



BRUNOはおしゃれな雰囲気をブースでも十分に感じられた。



ここからはラピエール
主に新作のエアコード

これはえろい!!!!!!!!!!



新パルシウム


黒い部分はメタルが入ったゴムらしい


体験祭り

箕浦の神楽
自動負荷変化ローラー台でZWIFTにつなげて回せた!
ほすぃ(/・ω・)/


モールトンについていたGOKISOのマジキチBB。
人が乗ってはいけない。7万円なりー。
どうやらBBカップの変形がベアリングに影響するので、GOKISOお得意の浮いたようなベアリング構造にすることで効率を最大化している。
上の写真ではクランクのみついているものがあるが、あれが、振り子のようにスムーズに動く。
でも、工業製品ではそれが標準みたいで渋いのはシーリングによるものらしい。
GOKISOはBBのベアリングまでをラビリンス構造にすることでベアリングまで水が浸入するのを極力防いでいる。
そしてメンテナンスしやすいように簡単にばらせるので、水が入ったとしてもすぐにふき取れる。それにより耐久年数を伸ばしているそうだ。





カンパニョーロの油圧ディスク試乗した。
なかなかいい感触で急制動も微妙なコントロールも可能で、レバー位置やかかり位置、ひきしろもすべて調整が可能であるところに非常にカンパらしさを感じた。
女性で手が小さい人にはもってこいだと感じた。
キャリパーのラインナップは一つしかなく、最高のものを選ぶ能美市しているからだそうだ。
価格は高いかもね。


TKCプロダクションズさんのアメリカマウンテンバイク報告会に行ってきました。
グラベルやマウンテンの風景はさることながら、現地のマウンテンバイク事情についてたくさんンお話が聞けたことはとても興味深かった。
日本もアメリカのようにもうすこちs マウンテンバイク関しては緩くなってくれればいいのになぁとひしひしと感じた。
そして絶対行きたくなった。ビール飲んでグラベルしてキャンプして自転車と酒を楽しみたい。

各ブース力が入っていた。

ピナレロのブースにはフルーム選手の自転車が展示されていた。
しかもサイン付き!!

ポケモンの自転車店で聞かれる100万円の自転車。
実はこういうのだったかもしれません。
100万円オーバーの自転車もこういう時にしか見れない。


書ききれないほどいろんな経験ができたのですが、こんな感じで各ブースに自転車なり実物があり、試着や試乗することができるようになってました。


しかし、即売会ではないのでほとんどのものは直接買うことができず、小物(靴下、キャップ)程度であれば買えました。



ぜひ一度訪れてみては?