かとせんの「最近、乗ってる?」

Fucking japanese cyclist activity

どうも、かとせんです。
山に目覚めた普通の赤い人。
がとーに次ぐがとーのレッド。

京~京都小旅行・金閣寺周辺~

更新が止まってしまいました(;´・ω・)


実は風邪を1週間ほど引いてしまいまして、6時以降になると頭痛と寒気が一気に来るようになり・・・。
家に帰ったら寝るしかない生活をしてました。
皆さん、風邪には気を付けましょう(*_*)


というわけで今回は、京都寺社仏閣巡りです。

どうしてこうなったかはさておき( ^ω^)・・・
10/29(土)の10時スタートし、今回は電車と徒歩でした。


コースは金閣寺周辺を一日かけてゆっくりめぐるゆったりプランです。


星マークの部分に立ち寄りました。
調べていて分かったことですが、この地域は日本有数の文化財や有名な観光名所が凝縮されている地区でした。
中心部からは外れますが、人気の少ない場所をお探しの方におすすめです。


・妙心寺
http://www.myoshinji.or.jp/


花園駅からとほ2分ほどに位置する妙心寺。明智光秀と縁が深く、臨済宗のお寺。
めっちゃ広いので注意!正門から正面向かって突き当たり左に社務所があり、そこで御朱印とツアーの受付をしている。
ここのツアーは500円で30分程度、このツアーでしか入れない場所などあり一度参加することをお勧めしたい。
案内のおば様が念仏のように案内する姿は必見です。



・仁和寺
http://www.ninnaji.or.jp/index.html

妙心寺の境内を北上し、突き当りの道左へ10分ほど歩くと着く。
道中にあるGRAND BOISはオーダーメイド自転車工房があり、ご主人にハンドメイドの奥深さや1930~50年代の自転車のメカ的な歴史を教えていただいた。
例えば、坂道でクランクを逆に回すとギアが軽くなるのが主流だったとか、二本取りのワイヤー変速とか知らない世界ばかりでとても興味深かった。
付属パーツ(キャリア、泥除け、ハブ、リム、タイヤ)も自社製品を展開しており、ビンテージパーツを持参しても対応してくれそうだ。
話はだいぶそれましたが、正解文化遺産に登録されている仁和寺。桜と紅葉が非常に見ごたえがあるようでした。桜は低木でその間を練り歩くことが出来、何種類もの桜が咲き誇るその姿は御朱印帳にもなるほどです。



10月末では紅葉はじめ程度でしたが、ところどころ楽しめました。きっと最盛期には真っ赤なモミジの道が出来上がることでしょう。うーん、見たい!!



・龍安寺
http://kazenotabi-kyoto.com/encyclopedia-jinjabukkaku/ryoanji.html

仁和寺から10分ほど、きぬかけの路を金閣寺方面へ進むと現れる例の石庭のお寺。
入場口が分かりにくいため注意し、拝観料を収めてから境内へ。もみじが多くまだほとんどが青かったが、きっとここも最盛期はきれいなんだろうなとしみじみ。
本殿に上がり、石庭のお出まし。



どうやらおかれた石や敷き詰められた石には意図はなく、各々の心で解釈するとと説明書きがあった。
・・・。思い浮かばぬ。まだ人生の鍛錬が足りないようだった。


・鹿苑寺(金閣寺)
http://www.shokoku-ji.jp/k_about.html

メインディッシュ金閣寺
流石に人が多かったが、それなりにはスペースがあり進めるし、写真もとれた。
建物内には入れず、遠くから眺めるだけだが、内部写真が張り出されており二階部分は金ぴかで度肝ぬかれた。



境内様々なところから金閣寺を見ることが出来てどれもきれいだった。池や空周りの山々が一体となって初めて金閣寺の良さが引き立つのだろうと感じた。



・北野天満宮
http://kitanotenmangu.or.jp/




日本三大天満宮の一つで、学問の神様を祭った神社。
大学受験を控えた弟のために立ち寄った。



荘厳な本殿と楼閣は歴史を感じる。
一しきりお願いをして御朱印は入り口方面でいただいた。



弾丸のようなツアーでしたが、途中途中にカフェやご飯処もあり女性も休みつつ気軽に楽しめるコースだと思います。
紅葉の時期はまだ先のようですが、是非おすすめのコースです。


最後までご愛読ありがとうございます。